クリニックで処方される美白成分

一般のスキンケア・コスメなどに配合される美白成分ではなく、美容クリニックや皮膚科などで医師が治療薬として処方する外用剤もあります。
こうした成分はかなり強いために使用するには適切な指導と経過観察が必要ですが、確かに一般市販されているスキンケア・コスメとは一線を画した効能を持っているのは事実です。

厚生労働省が市販を認める成分については、メラニン色素の生成を抑制することでシミを予防することが目的とされています。
つまり、ここでの目的は予防であって、すでに出来てしまったシミに対しての治療行為は含まれないというのがポイントです。
受け身でガードする領域からは出られないということですね。

一方、医薬品のほうは出来てしまったシミを薄くする治療を目的としていますので、そもそもの考え方が異なります。
肌の漂白剤と言われるのはそのためで、今あるシミに対処したいという人はやはり美容クリニックにかかったほうが確実でしょう。

ハイドロキノン

皮膚科で一番多く処方されているのがハイドロキノンです。
メラニン色素を作り出すチロシナーゼという酵素の活性を抑制し、メラニン色素が作られないようにブロックする作用があります。

レチノイン酸

無理やりターンオーバーを促進させて、表皮を剥がれ落ちさせるという治療に使います。
メラニンを減少させたり血流を上げる作用もあるため、使い方が難しい薬品です。

美容クリニックなどでは、複数の外用薬を組み合わせて使ったり、その人の状態に合わせて成分の濃度を変えたりします。
特にレチノイン酸はかなり強い薬物で、顔が赤く紅潮したり、角質が剥がれ落ちるなどの作用が起こるので、使用する範囲や量を調整しないと大変日常的に困る外見になる場合があります。

また、こうした外用薬の他にはピーリングを行ってターンオーバーを刺激する方法も取られる場合があります。
これも表面の皮を取り去る行為になりますので、ケミカルピーリングにしてもレーザーによるピーリングにしても行う頻度に注意が必要です。

▲ページトップに戻る