シミのメカニズム

シミが出来るメカニズムを知れば、シミが出来るのを事前に防ぐことが出来る確率が上がります。
まずはなぜ嫌なシミが出てくるのか、皮膚の中の仕組みを知りましょう。

メラニン色素とは?

メラニン色素を作っているのはメラノサイトという物質ですが、これは皮膚に刺激があった場合に自分を守るために出てくるものです。
細胞の中にはDNAがありますが、それば破壊されてしまうと変異を起こしてがん化してしまったり死んでしまったりするために、メラノサイトはメラニン色素を作って真皮にまで刺激が届かないようにブロックします。
ちょうど、日差しが強いので黒い傘を差して遮るような感じですね。
嫌なメラニン色素ですが、ちゃんと大事な役目があって起こっているメカニズムなのです。

メラニンの種類

あまり知られていませんが、メラニンにも種類があります。
黒人、アジア人、白人はメラニン色素の比率によって違いがあり、これは髪の毛の色にも関係しています。
日本人は黒髪ですが、黒髪の人種はほとんがユーメラニンという褐色から黒色種類のメラニンを持っています。
その他にはフェオメラニンという種類があり、こちらは黄色から赤色のメラニンになります。
ユーメラニンは紫外線で出る活性酸素を消去するはたらきがありますが、フェオメラニンは紫外線によって活性酸素を産生してしまうはたらきがあります。

シミの出来るメカニズム

メラニンはチロシンというアミノ酸から作られますが、チロシンはチロシナーゼという酵素によって反応します。
通常、作り出されたメラニンは皮膚がターンオーバーすることでいずれは剥がれ落ちてしまうのですが、メラニン色素を作れという指令がずっと出続けてしまうと、メラニン色素が過剰に作られることになります。
また、ホルモンがメラニン色素を作ってしまう場合もあり、あまり量が過剰になるとターンオーバーでも排出しきれなくなってしまうのです。
これがシミのもととなってしまいます。

▲ページトップに戻る