シミに効く美白化粧品の成分一覧

シミを目立たなくさせるために誰もが思いつく方法は美白化粧品によるシミへの対策でしょう。
美白成分には厚生労働省が認めるものもあり、その定義は「メラニン色素の生成を抑えることで日焼けによるシミソバカスを防ぐ」という効果になります。
どのような成分があり、それがどのように作用するのか、調べてみましょう。

トラネキサム酸

聞き覚えもあると思いますが、トラネキサム酸は、本来は皮膚の炎症を抑える抗炎症剤として開発された薬効成分です。
それに美白効果があるということがわかり、現在では美白成分として承認されています。

アルブチン

コケモモから抽出された成分なのですが、メラニンの生成を抑えて肌を美白する効果が承認されています。

コウジ酸

日本で古くから使われてきた味噌や醤油などのコウジに由来する成分で、メラニン色素の生成を抑える効果があることがわかっています。

カモミラET

カモミールという西洋の天然ハーブがあるのですが、そこから抽出された成分に美白効果があることがわかっています。
抗炎症作用もあります。

t.AMCHA(シクロアミノ酸誘導体)

メラニン色素の抑制と、肌あれを防止する効果と両方を認定されている珍しい成分です。
医薬部外品として比較的新規に承認を受けています。

ルシノール(4-n-ブチルレゾルシノール)

北欧に自生するモミの木の抽出成分で、美白効果が承認を受けています。

ビタミンC誘導体

肌に吸収された後でビタミンCに変化する物質で、抗酸化作用もあるためアンチエンジング製品などに多く使われています。
抗酸化作用もあるので、ニキビの炎症を鎮めるためにもよく配合される成分です。

その他にもイチゴ由来のエラグ酸、プラセンタエキス、リノール酸、4MSK、油溶性甘草エキス(グラブリジン)など、かなり多くの成分が厚生労働省から承認を受けています。
中には医薬部外品指定のものとそうではないものとがありますが、どちらのほうがより効き目があるかは一概には言えません。

▲ページトップに戻る