シミが出来る原因とは

シミを取ろうと思ったら、そのシミの正体を知る必要があります。
一言でシミと言ってもその原因にはいろいろなものがあり、間違った対処をすると余計ひどい状態を招いてしまう場合があります。
美容クリニックや皮膚科などで医師の指導の下対処するのであればまず大丈夫ですが、自己流で何かを行う際には十分に気をつけましょう。
それにはまず、シミの出来る原因を種類別に理解しておく必要があります。

紫外線によるダメージ

シミの原因で一番多いのは、やはり紫外線によるダメージです。
太陽の光が肌に危険だという認識は、少し前まで今ほど強くは理解されていませんでした。
平気で何の対処もせずに海辺で日焼けなどをしていたわけですから、その頃にすっかりダメージを蓄積させてしまった人は、年齢が上がってからかなりシミに苦労することになっているでしょう。
シミの種類としては日光黒子(にっこうこくし)とも言われ、顔だけでなく全身に出てきます。
年齢が上がってから出てくることが多いので、老人性色素斑とも言われます。

炎症による色素沈着

思春期にニキビが出来たり、肌がかぶれやすい体質だったりして、肌に炎症が起きたことによって色素が蓄積してしまったものが炎症後色素沈着と言われるシミです。
やけどやかぶれ、虫さされなどでも起きやすく、年齢に関係なく出来てしまうシミです。
長い年月をかけて徐々に薄くなる場合もあります。

ホルモンによる肝斑

女性に起こるもやっとしたシミで、顔の頬に左右対象に現れることが多いのが肝斑(かんぱん)です。
女性ホルモンが影響して出来るシミですが、紫外線などの刺激で悪化する場合もあります。
高齢者にはあまり見られないもので、30代から50代の女性に多く現れるシミです。

その他先天性のシミ

ソバカスは雀卵斑(じゃくらんはん)と言われますがこれも先天性のシミです。
遺伝によって現れるものは生まれついてのものなので、美白ケアを行っても消せないものが多いです。
子どものころからあって、家族にも見られるような場合には、遺伝を考えたほうが良いかもしれません。

▲ページトップに戻る