本気でシミ取り・美白するなら

自分の顔を鏡で見て、「本気でシミ取りをしたい!」と思った人なら、努力することでそれを実現出来る時代になりました。
かかるコストや即効性などによって向き不向きはありますが、肌をキレイに美白する決意があるなら、本気でシミに立ち向かっていきましょう。
それにはまず、シミ取り・美白の方法を知ることが第一です。

 

シミを予防する

まず、シミになる前に予防するという考え方があります。
これは、今シミが出来ていない場所もターゲットとして行っておく必要があり、顔全体に常に行っておくスキンケアと言えます。
皮膚の上から有効成分を塗る方法や、サプリメントなどを飲むことで内部から肌に働きかける方法、紫外線をカットするためのガード、保湿など、肌を守るという発想が中心になるのが特徴です。

シミを目立たなくする

すでに出来てしまったシミの色素を薄くすることで、目立たなくさせるという方法があります。
基本的には有効成分を浸透させることでターンオーバーを促進させる方法になり、色素の分解を進めるのが目的です。
これはシミそのものを直接攻撃するスキンケアで、ピンポイントに行うことが主流です。
外から成分を浸透させたり、飲み薬などで色素沈着を薄める方法が主流です。

皮膚を入れ替える

シミの出来てしまった皮膚の細胞を入れ替えるという発想で、肌に強い刺激を与える方法があります。
強い薬効成分の塗り薬や、レーザーによる真皮への関与によって行うため、基本的に美容クリニックや皮膚科などで医療行為として行われることが多いです。

写真 原則として、そのシミがどのような成り立ちで出来ているかによって、最適な対処法を変えることが大切です。
間違えた選択をするとシミが余計に悪化したり、関係のない健康な皮膚まで傷めてしまう場合もあります。
医薬品を自己判断で使うことで皮膚に傷がついてあらたな色素沈着が起こってしまうケースもあります。
顔は目立つ場所ですから、間違いのないように対処したいですね。


美白化粧品の失敗しない選び方

美白化粧品はたくさんありますので、選び方には苦労します。
決して安くはありませんので、いちいち試しにラインを揃えていたのではお金がいくらあっても足りません。
まずはどうすれば効果的な美白化粧品を知ることが出来るのか、基本をまとめてみましょう。

 

それはケア出来るシミですか?

顔のシミが気になって美白化粧品を買おうと思っている人は、まずその気になっているシミが果たして化粧品でケア出来る種類のものかどうかをチェックする必要があります。
化粧品で対処出来るシミかどうかを区別するには非常におおまかに言って2つあり、シミが表面にあるか、それとも奥にあるのかで分けることが出来ます。
日焼けなど紫外線によるものや、吹き出物など炎症によるものであれば皮膚の表面の層にダメージがあるので化粧品でもケア出来ます。
でもシミが真皮層にまで達しているものであれば、美容クリニックなどで医療として対処するより他にありません。
真皮層にあるシミに対して、表面からいくら高額の化粧品を塗っても無駄になってしまうということですね。

その化粧品の美白成分はなんですか?

美白化粧品は各メーカーが発売していますが、含まれる成分は各社ともに開発したものや、配合に研究を重ねたものになっています。
肝心なのは使われている美容成分が何かという点で、そこを明確にしておかないと効き目がわからなくなります。
選ぶなら厚生労働省認可の成分を選びましょう。
そして、もし以前何かの成分に効き目を感じられなかったのであれば、次は違う成分に切り替えなければあまり意味はないかもしれません。

配合されている量や濃度は十分ですか?

貴重な美容成分が入っていても、量が少なければあまり意味がないかもしれません。
また、高いからと言ってあまりケチケチし過ぎても、十分な効果が得られないかもしれません。
1回につきどれくらいの成分量が必要か、そしてそこから計算して価格的にはどれくらいのコストなのか、そこを考えなければいけませんね。

▲ページトップに戻る